古代ガラス残欠ペンダントトップ [pgr217]

古代ガラス残欠ペンダントトップ [pgr217]

販売価格: 22,000円(税別)

(税込: 24,200円)

在庫数 1点

商品詳細

*1枚目の写真をクリックしていただくと拡大写真をご覧いただけます。
製造年代
時代はローマ期のものとして流通することが多いですが、時代を確定する特徴に欠ける欠片ですので、実際は正確な時代を特定することは難しいです。
大体2000年前〜1000年前のものと考えています。


説明
深いブルークリアの古代ガラスが美しく銀化して、神秘の世界を作り上げています。
元々は容器の持ち手の一部分だと思います。ユニークな形がおもしろい。
全体が眩しいばかりの虹彩を放っています。いろんな色が混在していて、ここから見ても、あそこから見ても、ひっくり返しても、うっとりします。
実物の輝きのほうが、写真より更に美しいです。
一部、かさぶたのように表面の風化肌が張り付いていますが、これが剥げると更に美しい銀化があらわれます。
サイズ
横幅:約19mm。
縦(引っ掛け部分の下から底辺まで)約46.5mm。
ガラスの厚み約7.5mm。
穴径約3.5mm。